花火は見れなかったけれど

浴衣を着て納涼花火の中継を見ることはできなかったけれど。。。。
彼がまた着てくれました。
京阪じゃなくてJRだということも知って。
でも、回数券を買ったことにとても喜んでくれて。

会社にお盆前には話をしに行く旨を伝えたら、
「それでいいよ。言ってくれても。そこまでにはなんとかしたい」
そう言ってくれて。

スマホの件、パトロン様の女性からまた買うとの話。
今回は断ってくれと強く話した。
納得してくれた。
『今付き合ってる人に世話になるから」と伝えるそうだ。
少し安心した。

ご両親を説得することも、
うちの家にダメ元でも来てくれるという話もあり。
蟻力神
リドスプレー
もしかして。もしかしてだけれど。
本当に真剣に思ってくれてるんじゃないかと思えた。。。

『本当は昨日も来ようと思ったら来れたんだけど。
 明日はたぶん大丈夫だから明日も来るよ」
別にね、致しているわけではなくて。。
いろんな話を短時間にしているだけで。

今日は本当に彼を信じようと思える一日だった。。。
本当に信じたいと思える日だった。

そんな彼に出会わせてくれたこのサイトに感謝を込めて。
私を大事にしてくれる彼に対して感謝の気持ちを込めて。

「本当にありがとう」

花火よりも心の花火が美しく麗しく咲き誇っていた。
そう思えた一日だった。