イランの女児、米病院到着

心臓に先天的な疾患があるため米国で手術を予定しながら、中国精力剤,トランプ大統領のイスラム圏7カ国からの入国禁止令で足止めされていた生後4カ月のイラン人女児が7日、イランから米西部オレゴン州ポートランドの大学病院に無事到着し、入院した。病院が発表した。近く手術を受ける見込み。

女児はファテメ・レシャドちゃん。担当医は「体調はいいようだ」と安堵する一方「治療を急ぐ必要があることを確認した」と述べた。治療費の大半は病院が負担する予定。

ファテメちゃんは、「大血管転位」と呼ばれる病気があり、早期に手術しなければ生命の危険がある。催情薬