補正、3000億円規模=安倍首相「早期成立期す」

政府は24日、熊本地震対策として編成する2016年度補正予算案として、復旧・復興に使途を限定した3000億円規模の「熊本地震復旧等予備費」を計上する方向で調整に入った。

安倍晋三首相は同日、麻生太郎副総理兼財務相らを呼び、補正編成を指示、今国会で速やかに成立させる考えを強調した。

財源には、日銀のマイナス金利政策などによる市場金利の低下で見込まれる、国債の利払い費の減少分を充てる見通しだ。

首相は24日の非常災害対策本部で、補正予算案について「今国会での成立を期すべく、速やかに提出できるよう、調整を開始してもらいたい。政府の総力を 結集し、復旧・復興に取り組みたい」媚薬 販売と力説。この後、首相は公明党の山口那津男代表にも電話し、早期成立を図る方針で一致した。

政府は大型連休明けの5月上旬にも補正予算案を閣議決定し、国会に提出。同26日から始まる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)前の成立を目指す。今回 の補正は復旧・復興に向けた本格的な財政支出の第1弾と位置付けており、中期的に必要な予算は、景気対策などと合わせて秋の臨時国会に改めて提出するとみ られる。

熊本地震に関しては、16年度一般会計予算で確保している3500億円の予備費から、既に食料品支給などの経費を支出済み。補正で新たに設ける予備費で は、企業の事業再建や道路などのインフラ復旧、がれき処理などを迅速に進める。住宅の確保、生活再建支援金の支給などにも活用する。

補正予算案をめぐっては、7月の参院選などを踏まえ、与党内から早期編成を求める声が出ていた。政府・与党は、熊本地震への対応に限定したものであれば、野党の協力も得やすい威哥王と判断した。

広告

<新宿ゴールデン街火災>出火直前に不審な男 放火の疑いも

東京都新宿区歌舞伎町1の新宿ゴールデン街で飲食店が入る建物など4棟が焼けた火災で、出火直前の時間帯に、男性が火元とみられる建物に入る様子が付近の防犯カメラに映っていたことが、警視庁四谷署への絶對高潮取材で分かった。同署は放火の可能性もあるとみて出火原因を調べている。

同署は13日午前から東京消防庁と合同で実況見分を始めた。

同署などによると、火元は1949年に建てられた木造2階建て建物の2階の空き店舗とみられる。この空き店舗では12日午前10時ごろから内装業者4人が改装工事をしていたが、午後0時半ごろまでに全員が現場を離れた。出入り口に鍵はかけていなかったという。

同署によると、午後1時過ぎ、現場付近に設置された防犯カメラに、出火元とみられる建物のドアから男性が中に入る様子が映っていた。その数分後には外に出る様子が映っていた。男性は帽子やジャンパーを身に着けてリュックサックを背負っており、徒歩で現場を訪れていた五便宝という。火災は男性が外に出た直後の午後1時20分ごろに発生した。

USJ、最高の1390万人=ディズニーは減少―15年度入場者

テーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を運営するユー・エス・ジェイ(大阪市)は1日、2015年度の入場者数が1390万人になったと発表した。前年度に比べ120万人増え、2年連続で過去最高を更新した。

映画「ハリー・ポッター」をテーマとしたアトラクションや、ハロウィーンやクリスマスの季節イベント催情薬が好評だった。

また、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは、15年度の合計の入園者数が前年度比118万人減の3019万人だったと発表した。同社は減少の理由について、夏の猛暑などで客足が鈍ったことを挙げている。