卵胞が十分成熟し、子宮内膜での妊娠の準備も進んでいる

ホルモンの分泌に関する指令は「脳」から送られます。生理が終わってしばらくすると、女性の体は次の排卵の準備をします。まず、脳の視床下部というところからGnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)が分泌されます。このホルモン(GnRH)は、脳の下垂体にFSHや黄体化ホルモンの分泌を指令します。まず、FSHが卵巣へ分泌され、卵胞を刺激します。いくつかの卵胞が大きくなり、その時、卵胞ホルモンが分泌されます。卵胞ホルモンは、血液の中を通って子宮に到達します。卵胞ホルモンは、子宮の中で子宮内膜を成長させ、妊娠のための準備をします。

血液中の卵胞ホルモンの量が多くなると、脳の視床下部では「卵胞が十分成熟し、子宮内膜での妊娠の準備も進んでいる。」と判断します。そして脳の下垂体に、FSHの分泌をやめるよう指令を送る変わりに、黄体化ホルモンの分泌を指令します。FSHの分泌が減るので、卵胞ホルモンの分泌も減ってきます。黄体化ホルモンが多くなると、脳の体温の中枢が刺激されて体温が上がります。

黄体化ホルモンは、卵巣へ分泌され、十分に成長した卵胞を、ポンと破裂させます。これが排卵です。排卵後の卵巣では、黄体化ホルモンが新しい細胞を作ります。この黄体から、黄体ホルモンが分泌されます。黄体ホルモンは、卵子よりも先に子宮へ行って、卵胞ホルモンによって成長した子宮内膜を、一段と居心地の良いやわらかい場所にして妊娠に備えます。妊娠しなかった場合は、排卵からおよそ2週間程で子宮内膜がはがれ落ちます。これが生理です。